保険が適用されない

治療費の目安について

治療費は、患者さんの容態、それに伴う治療の内容、治療に当たる治療院のシステム等で異なってきます。目安としては歯一本あたり20〜40万円というところです。歯科医院ごと、あるいは治療内容ごとに費用が異なりますが、人工歯根であるフィクスチャーが約5万円、支台部となるアバットメントが2万円、歯科技工士が製作する上部構造いわゆる人工歯が、材料費込みで約5万円です。よって、インプラント体1本あたりの仕入れ価格は約12万円となります。それを埋入する治療費用が、約30〜50万円です。インプラントの仕入れ原価が安いからといって、破格の値段で治療する所には、注意が必要です。

インプラント治療の変遷について

日本においてインプラント治療は、開業医を中心に自費診療の形で普及してきました。その結果、治療費が高額になったという面があります。現状として、インプラント治療には、保険が適応されていません。保険制度が財政難であることもあり、将来も適応される事は難しいでしょう。また、純チタン製のインプラントは保険適応になっても、それ程安価にならないでしょう。さらにいえば、むしろ保険制度に組み込まれれば、経験の無い歯科医師も治療できる事になってしまいますから、インプラントの業者に薦められ、安易に始めてしまう恐れがあります。今後も保険適応される事は期待できないかもしれませんが、歯学部のカリキュラムへの導入で一層普及していけば、よりリーズナブルな医療費となる事が予想されます。